「恋のためなら」の歌詞 石川さゆり

1991/7/21 リリース
作詞
なかにし礼
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
あめるわ まどをぬらし
このわたしむねをぬらすように

こいのためなら どこまでも
じゅんになれるのおんなって
やさしく なれるのよ
ない電話でんわちつづけ
無駄むだ一日過いちにちすごしても
あなたをうらまない

あめるわ まどをぬらし
このわたしむねを ぬらすように
だから あめおと
ベルのおとがした
そんなもするのよ

こいのためならなんだって
出来できてしまうのおんなって
もちろん ぬことも
もしもあなたが これっきり
ってくれないつもりなら
本当ほんとうにどうしよう

あめるわ まどをぬらし
このわたしむねをぬらすように
だけど ベルがると
寝呆ねぼごえていたわと
きっとつよがるでしょう

人生じんせいなんて なみだのつづき
明日あしたこそは天気てんきになあれ

あめるわ まどをぬらし
このわたしむねをぬらすように
だけど ベルがると
寝呆ねぼごえていたわと
きっとつよがるでしょう