「憂忌世ぶし」の歌詞 石川さゆり

2013/2/20 リリース
作詞
吉岡治
作曲
岡林信康
文字サイズ
よみがな
hidden
くもはななら るのもはな
ったわたし馬鹿ばかみただけで
なみだながした 十五じゅうごはる
キラリひかった 遠賀川おんががわ

家出いえでしたのが そのすぐあと
べつてなど さらさらないが
どうせ貧乏びんぼうで おやじは酒乱しゅらん
ははくのが 可哀相かわいそう

はじめ中州なかす茶店ちゃみせつと
かねにつられて キャバレーつと
あれはヤクザと わかってれて
いつかられて よごされて

いいさ酒場さかばいどれぐさ
かけてくれるな なまじのなさ
つくりばなしと きちがいみず
げてすがって きてゆく

そのはなしを きたいかた
去年きょねんムショから でてきたはずの
東京とうきょう町田市まちだし 中村なかむらチヨが
一部始終いちぶしじゅうかせましょう
一部始終いちぶしじゅうかせましょう

なみだながした 他人たにん不幸ふこう
さけさかなかせましょう
やさしい言葉ことばしんじたことが
ことはじまり わり

うらみつらみは 夢路ゆめじあと
れたおんな馬鹿ばかをみた
キラリひかった 刃物はものさき
いとしいまことを さがしてた
いとしいまことを さがしてた