1. 春一輪歌詞

「春一輪」の歌詞 石川さゆり

1979/3/1 リリース
作詞
東海林良
作曲
大野克夫
文字サイズ
よみがな
hidden
みなみかぜさそわれて
旅立たびだわたしゆるしてください

あいつかれた わけではないけれど
二人ふたり行方ゆくえつめるつもりです
海風うみかぜ 坂道さかみち 異人館いじんかん
ここは長崎ながさき はる一輪いちりん

見知みしらぬだれかに みちかれて
こころがなごむ ひとりです
海風うみかぜ 坂道さかみち 異人館いじんかん
ここは長崎ながさき はるらんまん

さくらがひとつ とされて
こころとびらしのんでゆきます

ひとをはじめて あいしたせつなさで
すこしは大人おとなに なれたとおもいます
すじぐも はな吹雪ふぶき ここは大和路やまとじ はる一輪いちりん

いつでもこころとおまわりして
あなたにかえわたしです
すじぐも はな吹雪ふぶき ここは大和路やまとじ はるらんまん

あなたのこころわらずいたら
おこらず っていてください
黄昏たそがれ 夕凪ゆうなぎ みずあか
ここは瀬戸内せとうち はるらんまん