1. 沈丁花歌詞

「沈丁花」の歌詞 石川さゆり

1978/1/1 リリース
作詞
東海林良
作曲
大野克夫
文字サイズ
よみがな
hidden
りしきる あめ吐息といき
れてかたむ沈丁花じんちょうげ
ゆるされぬ あのひと二人ふたり
しのびあるく 坂道さかみち
おもれない ひとだから
おもれない こいだから
ひたむきに えるこころ
二人ふたりでいても 何故なぜさみしい
夜明よあけの 裏通うらどお

みなとまで つづく舗道ほどう
しろくこぼれる 沈丁花じんちょうげ
こんなこと していたら 駄目だめ
あつむねいてる
わすれられない ひとだから
わすれられない こいだから
なおさらに つのるこころ
あめんだら あめ風吹かぜふ
夜明よあけの 裏通うらどお

おわりかけてる ひとだから
おわりかけてる こいだから
ひとときに けるこころ
くもざしがえる
夜明よあけの 裏通うらどお