「港唄」の歌詞 石川さゆり

1991/10/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
がみひとつで みなと酒場さかば
荷物にもつをほどいて もう六月むつき
小雪こゆきがちらちら よる
こころもいつしかゆきになる
ませてよ ませてよ
まなきゃ こころがさむすぎる
あなた、そばにいて
むかしのように むししかってよ

東京とうきょうことばと 指輪ゆびわをすてて
地元じもとおんなになってます
あなたが一度いちどきしめた
しあわせらずのうすむね
ませてよ ませてよ
まなきゃ だれかにまたすがる
あなた、そばにいて
つめたいあしねむるまであたためてよ

夜更よふけの酒場さかばおとこおんな
過去かこからのがれてさけ
みさき流氷去りゅうひょうさるころは
時計とけい明日あしたへうごきだす
ませてよ ませてよ
まなきゃ こころは はぐれどり
あなた、そばにいて
かみなどでて 子守歌こもりうたうたってよ