「石狩挽歌」の歌詞 石川さゆり

2012/6/20 リリース
作詞
なかにし礼
作曲
浜圭介
文字サイズ
よみがな
hidden
海猫ごめくから ニシンがると
あか筒袖つっぽの やんしゅうがさわぐ
ゆきもれた 番屋ばんやすみ
わたしゃ夜通よどおめし
あれからニシンは どこへったやら
やぶれたあみあみ
いまじゃ浜辺はまべで オンボロロ
オンボロボロロー
おきとおるは 笠戸丸かさとまる
わたしゃなみだで ニシンぐもりの そら

えろ篝火かがりび 朝里あさりはま
うみ銀色ぎんいろ ニシンのいろ
ソーランぶしほほそめながら
わたしゃだいりょうあみ
あれからニシンは どこへったやら
オタモイみさきの ニシン御殿ごてん
いまじゃさびれて オンボロロ
オンボロボロロー
かわらぬものは 古代こだい文字もじ
わたしゃなみだむすめざかりの ゆめ