「空を見上げる時」の歌詞 石川さゆり

2014/4/23 リリース
作詞
御徒町凧
作曲
森山直太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
そら見上みあげるとき
兵隊へいたいとお故郷こきょうおも
そら見上みあげるとき
女生徒じょせいとはおげを
そら見上みあげるとき
ちいさないのち交差点こうさてんうばわれる
そら見上みあげるとき
やさしさの意味いみぼくらない
そら見上みあげるとき
とりたちは一斉いっせいさえず
そら見上みあげるとき
昼顔ひるがおまれた瞬間しゅんかんなか
そら見上みあげるとき
大地だいち荘厳そうごんなうねりをいさ
そら見上みあげるとき
母親ははおや唐突とうとつ電話でんわをよこす
そら見上みあげるとき
海岸かいがんはしった記憶きおくぎり
そら見上みあげるとき
子供こどもらはありぐんつぶ
そら見上みあげるとき
老人ろうじん死期しきさと
そら見上みあげるとき
羊飼ひつじかいはロマンチックな台詞せりふそらんずる
そら見上みあげるとき
銀河ぎんがわらずかがやいて
そら見上みあげるとき
すべてのいのち微風びふうれる
そら見上みあげるとき
そら見上みあげるとき