「純・情歌」の歌詞 石川さゆり

1993/10/6 リリース
作詞
伊藤薫
作曲
彩目映
文字サイズ
よみがな
hidden
これが最後さいごりながら
ふかくあなたとむすばれて
あのからあいせない
あなた以外誰いがいだれ

ふいの あなたはとおあめ
れてわたし雨宿あまやど
こころまでれました
おぼれるほどに

不埒ふらちこい
ばれようとこいこい

人生じんせいもう一度いちどだけあれば
あなたのため
いのりをめてうた
じゅん情歌じょうか

こいがれてせみ
どうせ七日なのかながぼし
みじかくもはげしくも
おんなのようですね

きっと あのときあのはし
いっそ二人ふたりわたれたら
ゆきずりが一生いっしょう
きずなわる

いたい あなた
せめてゆめそのなか

人生じんせいもう一度いちどだけあれば
あなたのため
いのりをあいめて
まよわずうた
じゅん情歌じょうか