「続・夕焼けだんだん」の歌詞 石川さゆり

2010/3/24 リリース
作詞
吉岡治
作曲
杉本眞人
文字サイズ
よみがな
hidden
谷中やなか銀座ぎんざのお店屋みせやさんに
買物かいものついでにみちしたと
練馬ねりま叔母おばちゃん いつだって
ちょんまげいも見合みあいの写真しゃしん
ふたつセットでやって
しものと 彼女かのじょはいうが
そのはないの 再婚さいこんばなし
何度なんどわたしはことわったやら
それでも叔母おばちゃんひるまない

(猫屋ねこや)は ふゆ模様もよう
はる日差ひざしをびている
ひますぎて おも
仏壇ぶつだんながめてへたり
三回忌さんかいきんだからって
あなたとはじめたこのみせめて
再婚さいこんなんて…… ありない

ああ 夕焼ゆうやけだんだん かんすずめ
ずりちそうだよ そらくも
夕焼ゆうやけだんだん 北風きたかぜ
ねこもどこかで ふゆごもり

ってもいやならことわりゃいいし
立場たちばもわかって 仲人口なこうどぐち
練馬ねりま叔母おばちゃん おがむから
いいひとだけに無碍むげにも出来でき
あそびごころと言訳いいわけづきで
いざいざいきかむ 中華ちゅうかのおみせ
緊張きんちょうしている相手あいてちが
酢豚すぶた・ピータン ぼんまわし
がつきゃわたしが仕切しきってた

見合みあいなれとはおそろしい
なんだか不思議ふしぎ気持きも
わすれてた 充実感じゅうじつかん
きてる自分じぶんかんじたの
三回忌さんかいきんだからって
あなたとはじめたあのみせめて
再婚さいこんなんて…… したなんて

ああ 夕焼ゆうやけだんだん あのひと
ゆるしてくれそな 茜空あかねぞら
夕焼ゆうやけだんだん ねこたちも
富士ふじっぽをています

ああ 夕焼ゆうやけだんだん あのひと
ゆるしてくれそな 茜空あかねぞら
夕焼ゆうやけだんだん ねこたちも
富士ふじっぽをています