「花火」の歌詞 石川さゆり

2012/9/19 リリース
作詞
山崎ハコ
作曲
山崎ハコ
文字サイズ
よみがな
hidden
なつわりの花火はなび
とおむかしおも
まちはずれで二人ふたりたね
兄貴あにきみたいなおさななじみ
あれからあなたは何処どこ
どんなふうごしたの
きていれば いつかえる
でもえないね
なつ花火はなび 浴衣ゆかた 金魚きんぎょ
きで きで いたよる

なつわれば二人ふたり
とおところはなれるね
ちっちゃなころから二人ふたりでいつも
花火はなびたよねをつないで
あれからあなたは何処どこにいる
世間せけんとぶつかりながら
きているよ わたしここに
でもとどかない
なつ花火はなび ふわり ほたる
きと えず いたよる

きていると ってしい
そうこの場所ばしょ
なつ花火はなび ほおひか
きで きで いたよる