「長良の萬サ」の歌詞 石川さゆり

1998/9/18 リリース
作詞
峰崎林二郎
作曲
石田光輝
文字サイズ
よみがな
hidden
がけ半升はんしょう
がって二升にしょう
長良ながらまん
仕事酒しごとざけ
土手どてのさくらが
ほころぶころ
はるに こがれる 五月鱒さつきます
夜明よあ間近まぢか
一番川いちばんがわ
むねまでつかって
むねまでつかって
(エイ!) 竿さお
竿さお
(セリフ)
まれついての川漁師かわりょうし
かわかおみりゃ
なんでもわかる
(セリフ)
かわ自然しぜんのまんまが
ええんや
なぶるとあぶのうなるんや
(セリフ)
なぶるとあかん
なぶるとあかん
二間四尺にけんよんしゃく
段巻竿だんまきざお
長良ながらまんサの
ゆめ
ればあばれる
世話せわなどかす
あゆは おなごと
よくてる
きつい雪水ゆきみず
ふねなどいらぬ
無理むり竿さおとが
無理むり竿さおとが
(エイ!) あればいい
あればいい

かわ獲物えもの
さずかりものよ
えんうんとの たからもの
女房にょうぼうおまえに
られたおれ
長良ながらひとすじ
いのち ひとすじ
(エイ!) さかな
ゆめ