1. 僕の空に季節はずれの雪が降る歌詞

「僕の空に季節はずれの雪が降る」の歌詞 石川智晶

2007/8/22 リリース
作詞
石川智晶
作曲
石川智晶
文字サイズ
よみがな
hidden
ほらぼくそら季節きせつはずれのゆきって
見上みあげたしろまぶしいもの

どこでまれたとか なにをしてたとか
そんなかさねて過去かこからだおもくさせるよ
なのにかなしいくらいそれなしではいられない
きみっすぐあるいてもけなくて

ほらぼくそら季節きせつはずれのゆきるのは
遅咲おそざきのはなにはさびしい
このしろ毛布もうふかくれてくような人間ひと
きみ本気ほんきはなしてくれないはずだから

無人むじん滑走路かっそうろにいつまでもてない人間ひと
もうひとりのぼくがその背中せなかえていた
なにたない自由じゆうがどれほどこわいものか
らずにこぼす言葉ことばむなしいもの

ほらぼくそら季節きせつはずれのゆきって
見上みあげたしろまぶしいもの
ぼく気休きやすめの言葉ことばわりに
さわったこと明日あしたたようながした

このしろ世界せかい今日きょうよりさきづきをあたえてくれるよ

ほらぼくそら季節きせつはずれのゆきるのは
遅咲おそざきのはなにはさびしい
このしろ毛布もうふかくれてくような人間ひと
きみ本気ほんきはなしてくれないはずだから