「Prototype」の歌詞 機動戦士ガンダム00 ED 石川智晶

2008/12/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
純真じゅんしんさがシンプルなちからわるとき
世界せかいかげをつくりだす
ガラスケースによこたわる
ひかり存在そんざいれたくても
げた手降ておろせなくて
ちるようにしゃがみこんだ

Prototype boy 明日あす理想りそうだけで
かたぐような美談びだんにもならないけど
このからだうしないそうなギリギリの場所ばしょ
かなしいくらい似合にあってる

うそみたいなしずけさは
わずかなほころびがはじける前触まえぶれのようだ
過剰かじょうなまでの眼差まなざしが
ひざふるえさえがそうとしない
この両手りょうて挑発ちょうはつする
ありふれた偽善ぎぜんさえも

Prototype boy 心奪こころうばわれてく
曖昧あいまいなジャブをかえ歯痒はがゆさで
この領域エリアかびがる残骸ざんがい
きた分身ぶんしんはじめた
それでも I shelter you

焦燥しょうそう放心ほうしん反動はんどう
えず私心ししんらいでる
今更いまさら感傷かんしょうならかぶりるけれど
使つかてられる試作品プロトタイプ
きるのは自分じぶんだろうか?
いまかんがえない・・かんがえない・・

Prototype boy 明日あす理想りそうだけで
かたぐような美談びだんにもならないけど
このからだうしないそうなギリギリの場所ばしょ
かなしいくらい似合にあってる

Prototype boy 心奪こころうばわれてく
曖昧あいまいなジャブをかえ歯痒はがゆさで
この領域エリアかびがる残骸ざんがい
きた分身ぶんしんはじめた
それでも I shelter you