「青空のように」の歌詞 石川英郎

1997/3/21 リリース
作詞
横山武
作曲
鶴由雄
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜさそわれ 海岸かいがんある
きみはじめての遠出とおでだから
をつないで

すないた名前なまえいま
なみにさらわれてく
どんな未来みらいおとずれても
おれはこのわすれないさ

青空あおぞらのように なつきしめて
ただひたすら まっすぐつめて
つよくなるだけが おとこじゃないけど
きみのために つよくなりたいよ
かなしいときには おもして
おれのことを

こい時々ときどき いたずらをするよ
つまらないこと喧嘩けんかをして
まずくなる

きみはどうして こんなおれ
きになったのだろう
ひとりになると不安ふあんになる
5分ごふんだけでも そばにいたい

青空あおぞらのように かぜめて
また明日あした微笑ほほえんでおくれ
すこしずつあいそだててきたい
この気持きもちにいつわりはないよ
自信じしんはないけど きみとならば
大丈夫だいじょうぶ

青空あおぞらのように なつきしめて
ただひたすら まっすぐつめて
つよくなるだけが おとこじゃないけど
きみのために つよくなりたいよ
かなしいときには おもして
おれのことを