「ETERNALBLAZE」の歌詞 石田耀子

2006/8/25 リリース
作詞
水木奈々
作曲
上松範康
文字サイズ
よみがな
hidden
はる天空響そらひびいている いのりは奇跡きせき

黒天-真夜中まよなか-のあおけてながれてくなみだつぶ
まよいなくつつぬくもりに出逢であった
しろゆきのようにどこまでも素直すなおなコトバ
てつ羽根纏はねまとった ぼくうごかしてく

きずつくたびに やさしくなれる
きみのその笑顔えがおだけまもきたい
ねがいはひとつ

時空とききざまれたかなしみの記憶きおく
まっすぐにめるきみひかり女神てんし
あの日胸ひむねともった永遠えいえんほのお
ふか闇解やみとはなって 自由じゆうのトビラひらいてく
つよてない未来みらい

つめたいみどりつきうつすココロのかげ
さびつぶやいた『きみのそばにいたい』
真実しんじつうことおしえてくれた勇気ゆうき
ぼくめぐって希望ゆめ目覚めざめていく

気持きもはなれないように
しっかりときしめて
たしかなおもつらぬいてゆく

ぎんうみかくした空白くうはくのページ
きみだけがっている『本当ほんとう』をぼくせて
れるせつなさにまれゆくちか
もうなにこわくはないよむすんだ視線しせんそらさずに
大切たいせつな『いまはじめる

きみきみでいられる場所ばしょ
悪夢まぼろしにさらわれぬように
えないあめくるしみも
かぎこわしてぶつけてよ となりにいるから
すべてをしんじて

時空とききざまれたかなしみの記憶きおく
まっすぐにめるきみひかり女神てんし
あの日胸ひむねともった永遠えいえんほのお
ふか闇解やみときはなって 自由じゆうのトビラひらいてく
つよてない未来みらい

そう、きっとここからはじまる…