「agony」の歌詞 石田耀子

2006/8/25 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
中沢伴行
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかゆめ
とどかないつぶやきだけ
よるひかりつつまれて彷徨さまよ
やがて見開みひらくそのひとみ 運命うんめいなら
せめて そう、いまだけ…

かなわないとうつむ夜風よかぜにただうなだれ
なみだ 月影つきかげ ひらあふれてゆく
なにしいの?
くちびるやみふるえていた

出逢であったあのとき胸突むねついた笑顔えがお
まもりたくて ずっとくずれそうな約束やくそく
いたつぶすほどにきしめてた

そばれるだけで
おな時間じかんにいられるだけで
とお記憶きおく よみがえかなしみもあたためてけるのに
まわつづけているおもいに
やすらぎちたわりはるの?
かえしたけはてん
けのそらひかりわる

すべまぼろし かんではまたえてく
邪念じゃねんかき指先ゆびさきからいた無色むしょくくさり
もがくほど孤独こどくんでいた

られるようにきびすかえすかぜ
つめたすぎるいまも「きみがいるからだよ」と
やみちた言葉ことば はなれない

いきをしてるだけで
おないたみをかんじるだけで
ほんのすこしあわせをげるあい
気付きづいていしまった
こごえて肩寄かたよせるひとみ
まもりたいもの つかったから
つぎ夜明よあにしてた後悔こうかいびた欠片かけら
ひかりえる

れあうだけでそのしあわせをおもっただけで
こみげてく
つかのさよならも えぬきずなになると

そばられるだけで
おな時間じかんにいられるだけで
とお記憶きおく よみがえかなしみもあたためてけるのに
きざまれていたしるし
みちびかれまたたおれるとき
つめった一瞬いっしゅん千年せんねん記憶きおく
ひかりわる