「春夏秋冬~四季のうた~」の歌詞 石野田奈津代

2009/7/7 リリース
作詞
石野田奈津代
作曲
石野田奈津代
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもいつもやさしいかお
「おかえり」をってくれたひと
からだをつけなさい」と
だれよりも心配しんぱいしてたね

あなたがいなくなって
はじめてった
一緒いっしょにいられる時間じかん
ほんの何十年なんじゅうねんだと

みじかなつ
かぜあきはこんで
星降ほしふふゆ
あと何度なんど はるきる?

きているいま大切たいせつに」
やさしいこえこえてくる
写真しゃしんなかわらうあなた
わらずに見守みまもってくれる

あなたがすわっていた
椅子いす腰掛こしかけて
名前なまえんでみたけど
まどがきしむおとだけ

一番星いちばんぼしひとつ
かぜながされるくも
あなたのところまで
笑顔えがおえていますか?

みじかなつ
かぜあきはこんで
星降ほしふふゆ
あと何度なんど はるきる?

かたちえながら
いまときながれる
かぎりあるいのち
大事だいじ大事だいじきよう
わらって わらって いて