「春空-ハルソラ-」の歌詞 石野田奈津代

2008/3/5 リリース
作詞
石野田奈津代
作曲
石野田奈津代
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆき季節きせつめぐ
きみ出会であったのははるだった
二人ふたりた いつものさくら
今年ことし最後さいごになるのかな

いつもすぐとなりで
わらってくれてたきみ
わたしができたこと
どれくらいあったのだろう

見上みあげればはるそら
さくらはなびらがにじんでゆく
ふりむけばそこにいた
きみこえかぜなか

えた いくつものふゆ
つらきびしくさむほど
はるさくらつよ
わたしつよくなれたかな

くじけそうになると
しかってくれたねきみ
何度なんどいたけど
やさしさにあふれてた

見上みあげればはるそら
いつもわたししんじてくれたね
いまここにいられるのは
きみめぐえたから

がれ空高そらたかあたらしいはるそら

それぞれのみち
あるいていくけど
どんな坂道さかみちえてゆくよ
きみがくれたもの
つよきること
ずっとこのむねいて

1年後10年後いちねんごじゅうねんご
かならずまたはなかせるから
はなれてもわかるように
ちからいっぱいうたうよ
桜舞さくらまはるそら