「シーサイドモーテル」の歌詞 石風呂

2012/10/17 リリース
作詞
石風呂
作曲
石風呂
文字サイズ
よみがな
hidden
シーサイド・モーテルにあかりがくのながめながら
ぼくにゃ関係かんけいない」と、つばてている
財布さいふには十円玉じゅうえんだま八枚居座はちまいいすわはばをとる
しょうもない悠久ゆうきゅう菓子かしでもいにこう

なんだかこのへん
そういや随分変ずいぶんかわったなぁ
らないみちだとか
くなったみちとか
気付きづけばこのまちのことすらほとんどらないなぁ
興味きょうみすら段々薄だんだんうすれていく

こわれたギター、れてるナイフや
れてるビンとか
そういうのとならんでみたけど違和感いわかんがないぜ
でも不思議ふしぎだ、なんだかいや気分きぶんではなくて
上等じょうとうだぜ、こんな気分きぶんならそらべる」と
わらったのさ

シーサイド・モーテルに
いのちまれる十秒間じゅうびょうかん
それを横目よこめにさ
かたとしている
こんなぼくなんかにどうしてあいうたえようか
ビルはいつまでもぼくわらっている

けた表情ひょうじょうらない電話でんわぼく
地上ちじょうだれよりも阿呆あほうやつだろう

このおよんでなにをしているのか
ましてそろそろかなきゃ

十月じゅうがつ、ただかぜつめたくて
あきわっていく
おもなどぼく何一なにひとっちゃいないけど
さびしいときつほどに体侵からだおかしていく
「だからなんだ、それがどうした」と
空元気からげんきでもわらってやる

きたくない日々ひび
にたい」だなんてえて
まるで不幸少年ふこうしょうねんぼくわらってくれ
それでもぼくたちは
すこしの希望きぼういかけて
電波でんぱうみなか手紙てがみばすのさ

シーサイド・モーテルで
ぼくらはうみながめながら
最後さいご瞬間しゅんかんむかえられるのかな
想像そうぞうえていく未来みらい日々ひびかさねながら
最低さいてい感触かんしょくぼく目指めざすのだろう

ひたにあるくよ、ありえないとしても