「少年は教室がきらいだったのだ」の歌詞 石風呂

2012/10/17 リリース
作詞
石風呂
作曲
石風呂
文字サイズ
よみがな
hidden
それぞれおもいは あれども ぼくら、仲良なかよくないね
きみたち、らないんだ 人間にんげんってさ

おもいのほか頻繁ひんぱん憎悪ぞうおすし
しんじられないりょう武器ぶきかくって
何食なにくわぬかお笑顔えがおりまいて
水面下すいめんかでふっと 教室戦争始きょうしつせんそうはじめんだ

なにこったって ぼくらはわらっていた
冗談風味じょうだんふうみにごまかした、それはあくまでいじめじゃない
あい平和へいわだって 裸足はだしすような
中学校ちゅうがっこう教室きょうしつでした

あのころぼくまわるのに必死ひっし
ながだま地雷じらいから げながらきていた

平穏へいおん日々ひびるための代償だいしょう
一体何いったいなんだったのか いまならすこしわかるような

なに面白おもしろくとも ぼくわらわなかった
最初さいしょ最後さいご青春せいしゅんを ゴミみたいにあつかって
あい平和へいわだって つばてるような
中学時代ちゅうがくせいぼくでした

なにこったって ぼくらはわらっていた
冗談風味じょうだんふうみにごまかしたって つらいものはつらいのになぁ…

今日きょう元気げんき少年しょうねんさ!

数人程度すうにんていど友人ゆうじんちいさくわらいあって
毎日まいにちごすような それが一番良いちばんいいのかな
あい平和へいわだって もくれないような
ぼくらでよかった…