「浮かれた大学生は死ね」の歌詞 石風呂

2012/10/17 リリース
作詞
石風呂
作曲
石風呂
文字サイズ
よみがな
hidden
鴨川かもがわ沿線上えんせんじょう なら男女だんじょかず
かぞえてねむろうか そんな気分きぶんだった
大量たいりょうのガソリンを そこにぶちまけて
けよう、けよう

今日きょうは、さむいな けれどぼく一人ひとり
だからなんなんだ になんかしないけど
数百すうひゃく火薬かやくを そこにぶちまけて
けよう、けよう

勿論もちろんほんとにゃしなけど
ていうかそれは犯罪はんざいだよ
ぼくらはいつでも健全けんぜん
不純ふじゅんがどこにもはい余地よちがない

なみだながしながら すこしだけわらうような
うそだらけのよるだった

言葉ことばをぶつけながら それをかすような
そんなひとになりたい いますぐなりたい

御堂筋みどうすじ沿線上えんせんじょう はるきょう景色けしき

おもかべながら 京阪電鉄けいはんでんてつのりこんで
車内しゃないでいちゃつく 男女だんじょわせ
けよう、けよう

カップルがまち暗黒微笑あんこくびしょうですりけて
天一てんいち本店ほんてんぼく目指めざすのさ

ひとたすけながら だれかをころすような
ゴミだらけのまちだった

あいうたいながら つばてるような
矛盾むじゅんだらけのぼくだった

恋人こいびとがいないからって、くよくよせんでもいいぜ
そういうのが一番いちばん イライラするぜ
だれべつに くよくよなんかしてない
ぶっばしてやろうか

ぼくらの毎日まいにちにゃ

嗚呼あああままちなかすこしだけわらえるような
そんな余裕よゆう必要ひつよう

つら毎日まいにちなかしくもわらうような
おかしなぼくがいいんだ

ただ最後さいごにひとつ、これだけっておきたいな

かれた大学生だいがくせい