「魔法電車とキライちゃん」の歌詞 石風呂

2012/10/17 リリース
作詞
石風呂
作曲
石風呂
文字サイズ
よみがな
hidden
まりごとならごと
午前ごぜんわらせて
かなしきかな
ひるはんすこしだけガマンで
競争きょうそうとか焦燥しょうそうとか
むかしから苦手にがてだけど
今回こんかいかぎってはさ
敗走はいそうもできない

おちおちしていないで
かんがえるまえ
きみらは未来線上みらいせんじょう
おどれやおどれよ、いま

魔法電車まほうでんしゃとキライちゃんのたびつづくよ
失態しったいでもさらそうぜって
ふざけてる笑顔えがお
斉藤君さいとうくんいえはどこだい?
用事ようじいけれど、
ピンポンでもらそうぜ」
ってたくらんでるやつらを
いまらしめてやるぜ
陰湿いんしつなやりかた

表札ひょうさつとかレッテルとか
はやにはがして
にごりのないつよでさ
まえだけれたらなぁ

でもさ、そんなひとなんて
気持きもちがわるいよな
まよみちうえ
おどりにおどるよ、今日きょう

魔法電車まほうでんしゃとキライちゃんのみちつづくよ
それでもだまろうぜ
さぁ、ただしくえるみち
それをあるいておけば
存外ぞんがい自分じぶんすらだませたりしちゃうんだ
あぁ、今日きょうわっていくなぁ
漫画まんがんでただけで
まぁそれでもいいか!

魔法電車まほうでんしゃとキライちゃんのたびつづくよ
時代じだいでもころそうぜって
わるそうな笑顔えがお
島岡君しまおかくん会社かいしゃめて音楽始おんがくはじめるの!?
めといたほうがいいぜ」
ってかたたたいてわら
ぼく明日あしたえず
それでもすすんでくよ