「涙が渇くまでの時間を」の歌詞 石鹸屋

2013/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なが月日つきひつづいても
電気でんきかりみたいなもの
わりがおとずれるのは瞬間しゅんかん

最後さいご出掛でかけたのはいつだろう
笑顔えがおたのはいつだろう
わがまま きみあきれたのだろうか

しずかに きみ部屋へやていく
しずかに ぼくはそれを見送みおく
びた きみつかむことさえも出来できずに

あないた気分きぶんというのは
つまりはこういうことだろう
うしなはじめてがついたんだよ

どんなに人々ひとびとたたえた
どんなに素晴すばらしい世界せかい
価値かちない 二束三文にそくさんもん世界せかい

あのとき きみわらっていたの?
あのとき きみいていたの?
もしあのときもどるのならばとかんがえてる

なみだかわくまでの時間じかん一度いちどわすれてはならない
なみだかわくまでの時間じかんいまきざめよ
またまたぼくかえすのか なみだすべながれていけよ
なみだかわくまでの時間じかんを あぁ めている

あさぼくむかえにくる 街並まちないそがしくうご
まだくら部屋へや片隅かたすみねむ