「英雄なんてもんは居やしない」の歌詞 石鹸屋

2012/2/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きりなか

まわりのものえ ここはどこ ぼくはどこにいるの

てしなくみちつづいている そういえばそんな場所ばしょたな

ひとひとだまつづけ さらにほかひとだまぼくにはとてもえられない

いまきる この世界せかいには 英雄えいゆうなんてもんはやしない
だれかれ余裕よゆうくしきている

ゆえひと不幸ふこうきで きるかててている
だから 自分自身じぶんじしんもきっとそうなんだろう

ゆめ

まだおさなころあこがれた英雄えいゆういてた

どうしようもなく たすけがいる あなたはない どんなときけのだけの存在そんざい

いまきる この世界せかいには 英雄えいゆうなんてもんはやしない
だれかがまた たすけをもとさけんでる

そんとくで また天秤てんびんけてから物事ものごとめる
きっと ひとはその賭博とばくさえ たのしんでいる

そうさ これが現実げんじつなんだ あこがれた理想りそうとは何故なぜ からだがデカくなるだけのことくなる
ああ やっぱりそんなもんか ああ いやになっちまったよ だかられなくなる

ぼくにはとてもなれやしない

いまきる この世界せかいには 英雄えいゆうなんてもんはやしない
だれかれ余裕よゆうくしきている

ゆえひと不幸ふこうきで きるかててている
だから 自分自身じぶんじしんもきっとそうなんだろう

いまきる この世界せかいでは 英雄えいゆうなんてもんにはなれない
だけど だれかの特別とくべつにはなれるから

せめて きみ特別とくべつたい 英雄えいゆうなんてもんにはならない
それが かなうなら このきりれるから