「青い雲」の歌詞 石鹸屋

2013/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
何度目なんどめだ これで おな間違まちがい いつまでつづけるのか
きみ かしたくない きみ かしたくない
おもうだけでは つたえられない こころがけているのに
きみ 邪魔じゃましたくない きみ 邪魔じゃましたくない

きみ性格せいかくからして そんなものですら背負しょってしまうんだろう
おも意地いじ
重石おもしになりたくない だって きだからさぁ

たったひとつの言葉ことばが いつものどからかかっては
そこで よどみ またタイミングをのが
きみには きみだけには なさけないかおられたくはないと りき
またきみきずつけている

うらかえせば 自分じぶんのことが可愛かわいいだけか それでも
きみ かしたくない きみ かしたくない

むずかしいまわしを装飾そうしょくけむいてしまうんだろう
大体だいたい意地いじ
辟易へきえきわれながら なんて馬鹿ばかなのかなぁ

たったひとつの言葉ことばが いつものどからかかっては
そこで よどみ またタイミングをのが
きみには きみだけには なさけないかおられたくはないと りき
またきみとおざけている

寒空さむぞらんだあおからだかしたくもをよじらせてかぶ
こころかるくなったがした
切欠きっかけはそんな程度ていど今度こんどこそはっておもえたりして

たったひとつの言葉ことばで やりなおしがきくというなら
それは とても しあわせなことだから
きみとは きみだけとは ずっとそうやって間違まちがっていたいと いまおも
また きみ歩幅ほはばわす