1. 悲しい女歌詞

「悲しい女」の歌詞 研ナオコ

1992/1/21 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
なつこいならば
いつも ささやかな勘違かんちが
わらってはゴマカした
いつものわかれの
パターンね
えきからのかえみち
コンビニのあか
まぶしくて
すこしばかりさびしくて
雑誌ざっしなんか
みしたわ
ひらいたグラビアに
秋物あきもののコートなんか
アンニュイな笑顔えがおした
いいおんな嘆息1ためいきひと
ついてみた
かなしいおんな
だれからも程々ほどほどあいされ
けれどもにくまれない
いつもその程度ていど
こいばかり

かれたい つもりなの
しんじてない
わけじゃ ないのに
茶化ちゃかしては おこらせる
いつものわかれの
パターンね
改札かいさつのところまで
おくってくれても
いいじゃない
あやまれない せつなさが
むねなかったりたり
終電車しゅうでんしゃりれば
何故なぜ小走こばしりに
なっていた
自分じぶん部屋へやとびら
かぎんだ
そのときなみだ
かなしいおんな
だれからも程々ほどほどあいされ
けれどもにくまれない
いつもその程度ていど
こいばかり
かなしいおんな
だれからも程々ほどほどあいされ
けれどもにくまれない
いつもその程度ていど
こいばかり