「ambivalent world」の歌詞 化物語 OP 神原駿河(沢城みゆき)

2011/12/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
無意識むいしきのうちに
とらえたその景色けしき
ずっとのぞんでいた
未来みらいじゃなく

わたしらない
たこともない笑顔えがお
釘付くぎづけになったまま
くした

てんでんばらばら
ふたつの世界せかい
はぐれてく

ぜんぜんばらばら
矛盾むじゅんしているおも
おされなくなる

がむしゃらなこころ
いつの
あなたをして
まえすす

やみくもな鼓動こどう
いつの
わたしして
からまった気持きも

はしはし
いつも出来できることはひとつ
はやはやはや
そのこうへ

本当ほんとう感情かんじょう
かくつづけていたら
けば自分じぶんでも
見失みうしなって

れてるよぅで
れない事実じじつ
このむねおく
まだうずいてるよ

てんでんばらばら
つないだ日々ひび
ほどけてく

ぜんぜんばらばら
相反あいはんしてるこたえ
全部正ぜんぶただしいけど

しゃかりきな今日きょうでも
いつの
あなたをして
まえすす

はちゃめちゃなゆめさえ
いつの
わたしして
からまった気持きも

はしはし
いつも出来できることはひとつ
はやはやはや
そのこうへ

がむしゃらなこころ
いつの
あなたをして
まえすす

やみくもな鼓動こどう
いつの
わたしして

しゃかりきな今日きょうでも
いつの
あなたをして
まえすす

はちゃめちゃなゆめさえ
いつの
わたしして
からまった気持きも

はしはし
いつも出来できることはひとつ
はやはやはや
そのこうへ