「22才の夏休み」の歌詞 神聖かまってちゃん

2011/8/31 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こえがする 八月はちがつきみ夏休なつやす
10年前じゅうねんまえ もうちょいまえ あだがあったころ
なつがまた たので ふとうしろをたよ

22才にじゅうにさいぼく22才にじゅうにさいきみより 22才にじゅうにさいしてない なつ
きみぼくにくれた あのキラカード その背中せなかけてやるよ

そんでやってきた バス停前ていまえ 半袖はんそできみわせ
かえりてー、が本音ほんねです ことわれよ、腰抜こしぬ
なつがまた たので ふと、みみかたむけてしまうんだっ

はやぎてしまえと チャリのカゴんなか
退屈たいくつをぶちこんで はし
22才にじゅうにさいのこのいま あの姿すがた
その背中せなかいかけるように ばしてんのに

下駄箱げたばこからした シューズをけば
サイズちがいの気持きもちを うごかせば
全速力ぜんそくりょくきみに ついてくかのように
われないぼくがここにいるんだ
きみなんて 大嫌だいきらい だっつの

22才にじゅうにさいなつだ ろくでもないな
木漏こもびるたび おもうのです
なつがまたたからさ かけてみるよ
その背中せなかいかけるように

22才にじゅうにさいぼく22才にじゅうにさいきみより 22才にじゅうにさいしてない なつ
きみぼくにくれた あのキラカード その背中せなかけてやるよ
いますぐに