「キズナ」の歌詞 神谷浩史

2010/12/15 リリース
作詞
春和文
作曲
増田武史
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆらりゆらりと びてゆくかげ
ひとりぼっちであるかえみち

おもどおりに あのゆめ
ぼくはちゃんとちかづいているのだろうか…

あのとき 一緒いっしょかたったゆめ
いつのかなえてみせるさ

きっと きっと はなれていても
いつだって ぼくらは一緒いっしょ
そっと そっと こころのなかで
きみ頑張がんばってる姿すがた おもうたび ほら つよくなれるよ

オレンジいろ夕日ゆうひびて
かがやいてく ポプラ並木道なみきみち

つないでたの ぬくもりはまだ
いまもちゃんとえないままあるだろうか…

もしも つまづいて まよってるなら
ぼくのことを おもしてさ

きっと きっと ときぎても
いつまでも わらないから
もっと もっと 自分じぶんしんじて
ゆめかなえたそのとき相変あいかわらずな
あののままの 笑顔えがおおう

きっと きっと このみちいま
きみぼくこころをつなぐ
ずっと ずっと あるつづけよう
てない明日あすつづいてくから

きっと きっと ときぎても
いつまでも わらないから
もっと もっと 自分じぶんしんじて
ゆめかなえたそのとき相変あいかわらずな
あののままの 笑顔えがおおう