「優しい風」の歌詞 神谷浩史

2009/8/26 リリース
作詞
下地悠
作曲
磯部篤子
文字サイズ
よみがな
hidden
大切たいせつなものほど上手うまくしまえない やさしくつつまれることにも
素直すなおになれずにいたあのころ

よろこびもいつしかぎこちなくて ふとしたこえとどかなくて
やさしいかぜはもう ぼくらをつつむことをやめてしまった

どこにわすれてきたんだろうか づかずにとおぎてく
つたえたいことはなにひとつ えないままきみとおざかる

不器用ぶきようつないだ言葉ことばたちが せつなくつつむおもなら
いつまでってもいろあせない

かたちのないものえないから 手探てさぐりいつも戸惑とまどってた
づけば彷徨さまよ記憶きおくとびらをノックしてたんだね

こえにならないさけごえぼくむねめつけるから
わりつづけるまちなかこたえをさがしてる あてもなく

きっといつかきみえたなら そのをもうはなさない
おもいのままにあるきだすのさ

どこにわすれてきたんだろうか づかずにとおぎてく
つたえたいことはなにひとつ えないでとおざかった
もう二度にどおとずれない 「いま」この瞬間しゅんかんつめて
うごはじめたやさしいかぜは まだ明日あしたをつつんでく