「名もなき花」の歌詞 神谷浩史

2009/8/26 リリース
作詞
ヒルマ弘
作曲
吉田敬子
文字サイズ
よみがな
hidden
バカみたいにわらってはそらだけてた
ホントにまぶしいなつ

朝寝坊あさねぼうのベットで
南風みなみかぜうけぼくらはうたっていた
希望きぼう、それははかなくて
でも明日あしたきてく
わすれそうなひかり
ませるつぼみ

ひだまりをさがしてたもなきはな
太陽たいようかってすす
もしもひとりでまよったら
そらにジャンプ!キミは自由じゆう
はなかぜうた

雨上あめあがりの街角まちかど
アスファルトには陽炎かげろうれていた
未来みらい、どこにあるんだろう?
とおすぎてぼやけてる
わかりあえる仲間なかま
んでいた夕暮ゆうぐ

あのからいているもなきはな
ぬくもり勇気ゆうきえて
えがつづけた一片ひとひら
ゆめにぎりしめこう
はなかぜわら

ひだまりをさがしてたもなきはな
太陽たいようかってすす
あるはじめたよろこびに
びる飛行機雲高ひこうきぐもたか
ひとりじゃないっておもった

バカみたいにわらってはゆめだけてた
ホントにまぶしいなつ