「雪の光」の歌詞 福原美穂

2009/1/28 リリース
作詞
福原美穂
作曲
福原美穂,山口寛雄
文字サイズ
よみがな
hidden
そらいき こぼすように
ベッドのすみふるえる電話でんわ
わすれようとした番号ばんごう
むねつぶれそう
わかれてからずっとがれてたこえ こえてくる

あぁ きだったんだ
やっとづいたよ
わらない声色ねいろで「元気げんきだった?」とってくれたね
うれしかったよ

ひとつポケット ふたりの
あたたかいのは永遠えいえんじゃないんだね
つめたいそらした ひとりきり
きみ さがしてる
かじかんだゆびおなじようにこころまでふるえて

あぁ ごめんね
ずっとづけなかったんだ
となりにいてくれることにあまえて見失みうしなってた
きみいたい

言葉ことばだけじゃりない 安心あんしんしかった
いてみたり さけんでみたり
何度なんど迷子まいごになって

あぁ きだったんだ
やっとづいたよ
きみまち雪降ゆきふまえ
今度こんどはわたしがいにいくね