「声のサプリメント」の歌詞 福原香織とRAB

2014/2/19 リリース
作詞
福原香織
作曲
池澤聡
文字サイズ
よみがな
hidden
いてない いてないから
偶然ぐうぜんにも ぼくはこんな場所ばしょにいたよ
つたえたい こえ無限むげんちから
それが ただひと
いま 出来できこと

ふとまって 景色けしき
モノクロにうつった
自分じぶん自分じぶん見失みうしなって
たまらなくむなしいよ

まるで 見計みはからうように
電話でんわ ひびいた
きみが いつものように
うだけで 気付きづかされるよ
ぼくぼく

いてない いてないから
偶然ぐうぜんにも ぼくはこんな場所ばしょにいたよ
つたえたい こえ無限むげんちから
それが ただひと
いま 出来できこと

足早あしばやぎる ひとなみ
こわくてくるしいよ
自信じしんもなければ 素直すなおでもない
ただの弱虫よわむしだから

一緒いっしょゆめたくて
おな傷背負きずせおった
きみつながったとき
もう一度いちどまた 気付きづかされるよ
ぼくぼく

きしめて きしめていて
まぎれもなく ぼくはこんな場所ばしょにいるよ
このこえ一人ひとりでも すくえるのならば
まれてきた意味いみ
すこしあるかな