「心はキミの影になりにき」の歌詞 福山潤

2009/11/26 リリース
作詞
谷口悟朗
作曲
長谷川智樹
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ、そうめたんだ あの あのとき

あの
おぼろ月影つきかげらされた
はしうえ一人ひとりきりのとき
ぼくいてしまった
そらなんか どこにもありはしないって

あの
朝日あさひなか きみ出会であったね
そらをにらみつけ こころなか
にまみれて ひかりけても
ぼくには 明日あすらすにじだったよ

そう、ぼく世界せかいしつぶされそうな…
でも、そんなよわさも ぼくだから…
世界せかいは、そんなはかなさで…

ああ、いのちだけが ぼくともにある
なれあいという つみなどいらない
ああ、くるしいから、うれしいことがある
気高けだかさこそ しんじたい

そうめたんだ あの あのとき

そう、ぼくはムダに あがいているだけの…
でも、そんなもろさも ぼくだから…
まること おろかじゃない

ああ、きてる意味いみ ここからつくろう
こころかせ いまはずして
ああ、ばしたぼくだけのものか?
つらさによって わかる本当ほんとう

ああ、こたえなんて どこにもないから
だれにだって、ひかりかげ
ああ、なら せめてしんじるつよさを…
かなでるなにか あるのなら
いつのにか、にじをかけよう

そうめたんだ あの あのとき

そうめたんだ あの あのとき