1. ただ僕がかわった歌詞

「ただ僕がかわった」の歌詞 福山雅治

1991/11/6 リリース
作詞
福山雅治
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
週末しゅうまつはいつもいそがしさを
くぐりけて
っていたね
おくれて
きみ
つめながら
きだとおも
ただぼくがかわった
だれにもわず
めたねがはたすため
はしそうと
この場所ばしょにとどまれずに
えらんだみち
二人ふたり間遠あいだとおざけて
それは本当ほんとう
だけどこのむねなか
やしつくしたい
おもいがあるよ
たとえそのとき
一瞬いっしゅんひかりでも

石畳いしだたみみち あるきながら
きみにぎりしめている
おかうえにある公園こうえんまで
ふざけあった坂道登さかみちのぼ
そこできみぼく
心探こころさがして
そしてぼく未来みらいへの
地図ちずさがしていた
もしもずっと
このままで
一緒いっしょにいれたら
それがいちばん
いいことだよね
わかっているよね
だけど とめられないんだ
本当ほんとう気持きもちは
今日きょうすべてを
わりにしよう
今日きょうから すべてが
はじまる

セピアいろわる
日記にっきのページ
めくりながら
だれもが大人おとなになっていく
もしもずっと
このままで
一緒いっしょにいれたら
それがいちばん
いいことだよね
わかっているよね
だけど出会であえてよかった
そうおもえる”いま
あの日笑ひわらったふる映画えいが
"ラストシーン"
かぶ