「ふたつの鼓動」の歌詞 福山雅治

1992/11/21 リリース
作詞
福山雅治
作曲
福山雅治
文字サイズ
よみがな
hidden
うみよう さそったのは ぼくのほうなのに なぜかうつむいてた
スニーカーのそこについた すなにしている きみを まだらない

しずかに時間じかんだけが すぎて きみひとみのゆくえをぼくはさがしている

このむねのなか たしかにきみがいるよ
とまどうわけは 本当ほんとうは どこにもないのに

えないは とてもながくてえなかった言葉ことば この部屋へやにこぼれて

ひとりじゃ いられないとふいにおもってしまう きみのせいだよ こんな気持きもちは

このむねのなか たしかにきみが いるよ
おもいがめぐり こころきみちてゆく

きみ鼓動こどうこえてくるみたいだ

このむねのなか たしかにきみが いるよ
ゆっくりといま こころきみが あふれてく