1. 太陽はふたつない歌詞

「太陽はふたつない」の歌詞 福山雅治

1991/11/6 リリース
作詞
小林和子
作曲
福山雅治
文字サイズ
よみがな
hidden
砂嵐すなあらしこう あれが 廃墟はいきょ都会とかい
てるブーツと こぼれちたすないろ

日没にちぼつまで 身体からだをささえあい
ねむ場所ばしょを とにかくさがさなきゃ

とお日々ひび かえ漂流者ひょうりゅうしゃのように
じて うでなか
太陽たいようは ふたつない あいもまた おな
しずかに やみへと

ざらつくのどごしに ぬるい ビールをながして
ひさりにあおほし祝福しゅくふくをくれた

いつのにか こんなに とおくまで
あるいておれたち 地図ちずもなく

いつまでも ねむれない 漂流者ひょうりゅうしゃのように
くちびるうたをのせて
太陽たいようは ふたつない おれもまた ひとり
このいだくだけ

とお日々ひび かえ漂流者ひょうりゅうしゃのように
じて うでなか

いつまでも ねむれない 漂流者ひょうりゅうしゃのように
くちびるうたをのせて

太陽たいようは ひとつだけ…