「遠くへ」の歌詞 福山雅治

1993/10/21 リリース
作詞
福山雅治
作曲
福山雅治
文字サイズ
よみがな
hidden
夕焼ゆうやけをいかけて
列車れっしゃまどなか
街灯まちあかれる景色けしき
つめるぼくがいる
出逢であうよろこび それさえ
気付きづかなかったころ
いまはもう
おもにして
かぜのように
季節ときなかもとつづ
ぼくえがいたあこがれに
けたくはないから
えつきない
おもいて
とおくへ
もっととおくまで・・・・・・
がむしゃらにうたつづけた
まちのライブハウス
ちっぽけなスポットびて
きざみつけた明日みらい
仲間なかまたちとかたりあった
ゆめ破片カケラ
いまはただ
ひとりあつめて
かぜのように
季節ときなかもとつづ
ぼくえがいたあこがれに
けたくはないから
このレールのさきには
まだきみっている

何処どこへたどりくのか
わからないけど
ぼく今日きょう
うたつづける
かぜのように
季節ときなかもとつづ
ぼくえがいたあこがれに
けたくはないから
えつきない
おもいて
とおくへ
もっととおくまで・・・・・・