「12月」の歌詞 福山雅治

2015/4/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたりにつかれてはひとりにもど
まただれかこいしくて またかえ
屋根やねうえねこが そんなおれ
めずらしいものでもるよな かおしてわらった
わりゆく時間じかんに こころまどわされ
今日一番きょういちばんたから明日屑あしたくずかもんねぇ
恋人こいびとたちのはきつくにぎられたまま
おれたちにもうなにせるな
さけぶようにつぶやいた

12がつ
まちは クリスマス気分きぶん
あちこちからおもしたように ジョンのこえ
そしておれときたらいつもこのころになると
なにかやりのこしたようなやわらかな後悔こうかいをする

ててしまえば そこからすべて
あたらしいらしが はじまるわけじゃなく
屋根やねうえねこが にするまでもなく
かおわるだけの にがわらいがあった

ひからびた時間じかんに ゆめというみずをまき
なんとかほんとうの出口でぐちを さがしある
そこからなにえたら 満足まんぞくなのか
おれにはわからない わからなくなった

12がつ
まちは クリスマス気分きぶん
あちこちからおもしたように ジョンのこえ
そしておれときたらいつもこのころになると
なにかやりのこしたようなやわらかな後悔こうかいをする

12がつ
まちは クリスマス気分きぶん
あちこちからおもしたように ジョンのこえ
そしておれときたらいつもこのころになると
なにかやりのこしたようなやわらかな後悔こうかいをする

12がつ… 12がつ… Ah Ah