1. 夢空~ゆめそら~歌詞

「夢空~ゆめそら~」の歌詞 福田沙紀

2007/3/7 リリース
作詞
福田沙紀
作曲
吉川慶
文字サイズ
よみがな
hidden
いつからそこにすわって
明日あしたつかもうとして
こたえさがつづけて
冬空ふゆぞらりたひかり

ありふれた日々ひび
かなしみにれたよる
そのむねきしめて

ぼくたちはいつも どうしようもなくなったとき
とお未来みらいきみいのりをたくすんだ
ビルの狭間はざまからえないけど こころつうじたいから
しんじられるまで もうかえらずに

どんなにおもってたって
なみだこらえていたって
かなわないねがいがある
あきらめが このむねにおしよせる

自由じゆうきみのように
おおきいこころ ちたいんだ
雨雲あまぐもけて

言葉足ことばたりなくて 大切たいせつなものをくした
見上みあげてみたら まるでぼくこころなか
ひとみおく いまいてる あのそらはどこへと
ながいただろう?

いままでありがとう ずっとえなかった言葉ことば
何度なんどぼくささえてくれた きみへと…
くもから んだ一筋ひとすじひかり それは
ぼくたちの明日あすらす道標みちしるべ