「かっこつけの唄」の歌詞 秀吉

2010/10/6 リリース
作詞
柿澤秀吉
作曲
柿澤秀吉
文字サイズ
よみがな
hidden
そんなことかえして
まだここにいる
ぼくなにっているんだろう

かっこつけることなんかしたくないってかっこつけた
かっこわるいことを本当ほんとうはしたくなかったから
おもしたいことなんて中々なかなかおもせないのは
おもしたくないことばっか かんでくるから

ただそのままの自分自身じぶんじしん
ただちっぽけでみじめなもんだって
みとめられたのなら

何度なんどだって後悔こうかいして
何度なんどだってはじをかいて
そんなことかえして
まだここにいる
ぼくなにつの

なんもかもこわしたくなって こわそうとしたらこわくなって
またなんにもできなくて わけかんがえてた

もう本当ほんとうかってた
ただくだらなくてよわいのは自分じぶんだってさ
わらえたなら

何度なんどだってはずして
何度なんどだってあきらめたんだ
こんなことばっかりで今日きょうをつむるよ
そうして またよる

ちっぽけでみじめなもんさ
いつかはみとめられるんかな
くだらなくてよわいものだと
いつかはわらってえるんだろうか

何度なんどだって後悔こうかいして
何度なんどだってはじをかいんだ
いろんなことかくしたくて
いつもごまかしてきたんだ

間違まちがいもねたみも
苛立いらだちもくやしさも
こんないらない感情かんじょう かえし ここにいるんだよ

それでもまだぼくなにっているんだろう