1. 三日月と砂漠の花歌詞

「三日月と砂漠の花」の歌詞 秀吉

2014/12/3 リリース
作詞
柿澤秀吉
作曲
柿澤秀吉
文字サイズ
よみがな
hidden
いまよるになって ぼんやりかおして
こっちではなそうっていそうな かたむいた三日月みかづき

ごめん そっちまでぼくけないんだ
どうたってとおいだろ わかってくれるかい

もうほんとのことをったらきずつくのがこわくて
りかかりかた下手へたぼくきみきずつけちゃいそうで

そのおくらいでた ぼく姿すがたはどこに
言葉ことばもなくさけんでる ここにいるよここにいるよってさ

ひとごみのなかって をつむってごらんよ
だれかのかたにぶつかるまで どこにけるかな

ほら、きみいま 砂漠さばくいたはなみたいで
どんなに綺麗きれいいたって だれづかないね

またほんとのことをったら自分じぶん自信じしんがもてなくて
うまくくことができなかったら そんなことをおもってんだ

そのむねおくにしまってた こえにならないこえ
できるのならつたえたいな そこにいるよそこにいるよ あぁ

ここにいるよここにいるよ なにもできないけど
そこにいるよそこにいるよ きっととどかないけど

このおくらいでる きみ姿すがたはどうだい
ぎこちなくてもいいかな りかかってもいいかな

おくらいでる ぼくきみ姿すがた
三日月みかづき砂漠さばくはなわらっているよ わらっているよ きっと

ここにいるよ