「夜風」の歌詞 秀吉

2009/7/15 リリース
作詞
柿澤秀吉
作曲
柿澤秀吉
文字サイズ
よみがな
hidden
せみごえこえぬほど
無我夢中むがむちゅうはしりぬけた堤防ていぼうみち
通学路つうがくろとは反対はんたいのほうで
とおりなれてないみちなんだけど

徐々じょじょちていく
そらいろにはづいていたから
とにかくペダルをこいだ

った夜風よかぜはなびら
ちあがるおと にして
つかれをわす速度そくどげた
夏空なつぞらいたはなびら
キミと二人ふたり見上みあげて
やたらとくだらないはなしでもして
そんなことをおもしてた

ながれてくからだ景色けしき
おないろざっていった

キミも見上みあげてるかなぁ
この夜空よぞらほこ満開まんかいはな

った夜風よかぜはなびら
ちあがるおと にして
いつかキミとたあの場所ばしょ
今年ことしもまたいたはなびら
ぼく一人ひとり見上みあげるよ

なみだぬぐいながらはしっていくよ
夏草なつくさとキミのかおりが夜風よかぜれるあの場所ばしょ