「新しい靴」の歌詞 秀吉

2011/8/3 リリース
作詞
柿澤秀吉
作曲
柿澤秀吉
文字サイズ
よみがな
hidden
おなくつったぼくらは
仲良なかよあるしたんだ
けど歩幅ほはばたがいくって づいたらはぐれてた
もうだめかな おれ一人ひとりじゃなにもはじめられないよ

しつなってまたきずついて
ためいき弱音よわねをはいて
いたがったままでいればだれかがたすけてくれるかな

あたらしいくつをはいて
何度なんどでも何度なんどでもほら
あるせるくせに いつも
きずつくたびおびえて
もうだめだ もうやめだなんて
いつになればえるんだろう

ひとりになったみち途中とちゅう
うつむいたままっていた
よごれたくつ何度なんど愚痴ぐち後悔こうかいして
いたくもなかった言葉ことばでもっとよごれてしまった

ずかしくてかくしていた
かっこわるくてかくしていた
きれいごと卑屈ひくつっていたのは
間違まちがことがこわかったから

間違まちがったみちうえ
間違まちがった選択せんたく
間違まちがいの審判しんぱんくだしたのはだれだっけ

あたらしいふく
どこへでもどんなかぜにでも
やりなおせることもってるよ
よごれるたびにんで
もうだめだ もうやめだなんて
本当ほんとうおもってるの?

いまはまだ間違まちがったみちでも
正解せいかいわるって
あたらしいくつ あたらしいふく あたらしいぼくのとこへ
かかとをつぶしたままだった
よごれたくつぼくはまたきなおして