「蜃気楼の形」の歌詞 秀吉

2010/10/6 リリース
作詞
柿澤秀吉
作曲
秀吉
文字サイズ
よみがな
hidden
いつからぼくはそんなふうわってしまったの
本気ほんきわらうこともすくなくなって
いつからぼくはそんなふうわってしまったの
こころふるえてくことなんてちっともくなったんだ

いつからぼくはそんなふうわってしまったんだろう
なんでもわらってごまかすくせがちらつく ちらつくよ

つまんないしくだらないんだ
ぼくはいつもかんがえる
つまんないしくだらないのは
だれのせいなんだ?

完璧かんぺきやさしさをっていて
どんなひとからもあいされていて
おもどおりの世界せかいになっていて
ねぇ蜃気楼しんきろう
ぼくはそんなものにあこがれてしまったんだ

いつからぼくはそんなふうわってしまったの
そのやさしさもうたがってしまうんだ
いつからぼくはどんなことわすれてしまったんだろうね
大事だいじなものといらないものがごちゃついてわからないよ

つまんないしくだらないんだ
ぼくはいつもいかける
つまんないしくだらないのは
だれのせいなのかわかるかい?

かなしみのたびつよくなってさ
よわさなんかなにもなくなってさ
おもどおりの世界せかいになってさ
ねぇ蜃気楼しんきろう
ぼくはそんなものにあこがれてしまったんだね

完璧かんぺきやさしさなんてテレビのはなし
完璧かんぺきあいなんて教科書きょうかしょはなし
かなしみをるたびによわくなって
いろんなものとしてとして

完璧かんぺきやさしさをっていて
どんなひとからもあいされていて
おもどおりの世界せかいになっていて
ねぇ蜃気楼しんきろう
ぼくはそんなものに

感情かんじょうはうねるままで
表情ひょうじょうにじむままで
心臓しんぞうれるまま
ねぇ蜃気楼しんきろう

ぼくはそんなものにあこがれてしまったんだ