1. 文学少年の憂鬱歌詞

「文学少年の憂鬱」の歌詞 秋赤音

2012/4/18 リリース
作詞
ナノウ
作曲
ナノウ
文字サイズ
よみがな
hidden
いっそのこと どこかとおくへ
一人ひとりってしまおうかな
学校がっこう友達ともだちも バイトも
なにもかも すべして

京王線きょうおうせん 始発駅しはつえき ひと
財布さいふとした おんないてる
すぐに電車でんしゃすべんできて
せきにあぶれたひと舌打したう
きゅうすべてがどうでもくなる
ぼくつめたいひと仲間入なかまい

だれ名前なまえんで ぼく
突然悲とつぜんかなしくなるのは何故なぜ
世界せかいして 宇宙うちゅう彼方かなた
ぐるぐるまわ想像そうぞうあそぶのさ
なみだまえ

ボクのきな小説家しょうせつか キミもみなよ
随分前ずいぶんまえ自殺じさつしたひとだけど
はじおお生涯しょうがいだった」って
うそばかりついてごしてた」って
くらやつだなとわらったけれど
どうしてもあたまからはなれない

だれこえかせて すぐに
一人ひとりきりで電車でんしゃられて
線路せんろして つき裏側うらがわ
てんまでのぼれ そしてキミがいた
あの逆戻ぎゃくもど

拝啓はいけい ボクハ アナタノヨウニ
イツカドコカデ ンデシマウノデショウカ」

はじおお生涯しょうがいだったって
うそばかりついてごしてたって
でも アナタのようにはなれないよ
ボクは文学好ぶんがくずきな ただのひと

だれ名前なまえんで ぼく
突然悲とつぜんかなしくなるのは何故なぜ
世界せかいして そらうえまで
ねがなにもかもをって
はしけて