「桔梗色のサヨナラ」の歌詞 秋赤音

2012/11/14 リリース
作詞
ゆよゆっぺ
作曲
ゆよゆっぺ
文字サイズ
よみがな
hidden
巣立すだわすれたみたいだ
しぼんでいく視界しかい
うつったのは
まぎれもきみいろ

なにもとめていたのか
なにかんがえてたのか
わからない
いまとなってしまっては

まだいきをしてる
まだきみえる

そのはなさないで
わたし
気持きもちが言葉ことば
こわれてしまう
そのらさないで
わたし世界せかいくらくなるまで
そばにいてよ

むしばまれてくみたいだ
けてえてくねが
かぎられた時間じかんがまたしの
それをもとめていたのか
それをおもってたのか
のぞんだのはおなじような終末しゅうまつ

わすれてしまわぬように
きざけたその言葉ことばきみおも
やさしくにじ景色けしき
きみのぬくもりがあわくなってく
とおくなってく

きてたいよ
えないでよ
まだつたえたいよ
このままちてくのだろう
もうすこしだけ
まだそばにいてよ

そのはなさないで
わたし
気持きもちが言葉ことば
こわれてしまう
そのらさないで
わたし世界せかいくなるまで
そばにいてよ
わらっていてよ