「ひとなつの経験」の歌詞 秦基博

2013/1/30 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもいない なつわり 夕立ゆうだ雨宿あまやど
れて けそうな本音ほんね はかりあぐねていた

かみつた雫落しずくおちる まさにその刹那せつな
どちらからともなく 会話かいわ 無理矢理むりやり ふさいだ

青天せいてん霹靂へきれき えてく境界線きょうかいせん
その一瞬いっしゅんなにもかも かりえたようなフリして
そして ただ かさたがいを

はやる気持きもふくがる 積乱雲せきらんうんのようで
けれど はだ不安ふあん ぬぐえずにいた

舌先したさきあまいしびれ んでたしかめてみる
とまどれる 視線しせんのわけ おしえてくれよ

ひとなつ経験けいけん つんざくような雷鳴らいめい
その一瞬いっしゅん閃光せんこうに ひどくむなしさがこみげて
そして また 見失みうしなたがいを

突然とつぜんあめ必然ひつぜんあめたれて しずんでゆくんだ
やがて跡形あとかたもなく えてしまうなら
なぜ まじわるんだろう

青天せいてん霹靂へきれき 境界線きょうかいせん
その一瞬いっしゅんで ためらいも 打算ださんきるくらいに
いまは ただ かさたがいを