「やわらかい気配」の歌詞 秦基博

2013/1/16 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
たしかなものなど どこにもないとなげいた
あのころ 本当ほんとは ずっとなにさがしてたんだろう

すこしゆっくりはなすくせが
いとしくって まだ うつったまま

なつあめあきかげふゆのサイレン はるうビルかぜ
むねのなかの
きみのやわらかい気配けはい
きしめてあるいた
わすれたくないといた

だまってそれきり てゆくきみをていた
あのころ 本当ほんとは このよわさがただ もどかしくて

きみのこたえになれなかった
ぼくのこしてよるける

線路せんろのさび 工場こうばかべ ちいさな歩道橋ほどうきょうへとつづくみち
むねおく
きみのやわらかい気配けはい
ありふれた景色けしき
物語ものがたりにしてくれた

つないだゆび けずぎら
シャツのにお
わら一瞬いっしゅんうつくしさ
いまものこ
このやわらかい気配けはい
きみがきたすべては
たしかな永遠えいえんだった

あのとききみは 本当ほんとなに
しあわせとかんじていたの からない
さよなら
でも
このやわらかい気配けはい
まだここできてる
たしかなかなしみいて