「やわらかな午後に遅い朝食を」の歌詞 秦基博

2006/11/8 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
やわらかな午後ごごぼくおそ朝食ちょうしょく
ひとかけらの パンとコーヒーで
おもえがいてたぼくいまここにはいなくて
ただ けだるさ・・・ まゆようにカラダをつつんでるんだ

このところ くずれがちだったそらにも
滅入めいってく理由りゆうはあるんだけど
なにより あまりに ぼくわれないでいたこと
それに れてた自分じぶんいやだったんだ

テーブルにちた午後ごご陽射ひざしは ひらでそっとれるとあたたかくて
めてしまった ぼく情熱じょうねつあたためるには それだけで十分じゅうぶんがした

Ahアー ふっといきいて コーヒーのなか自分じぶんるんだ
Ahアー なにかをはじめるのに おそすぎるなんてないよね?

やわらかな午後ごごぼくおそ朝食ちょうしょく
みかけのままのコーヒーは
まるで これからも ぼくについてまわるよう
臆病おくびょうにが後味あとあじのどおくのこすけど

やがてうる西にしそらこうに たどりけるこたえが あるかもれないね
だとしたら 明日吹あしたふかぜなか一人ひとり ぼくまよわず けるのかな

Ahアー たとえばドアはいつでも ぼくまえひらいていたんだろう
Ahアー でもそむけたまま おびえてたのは 自分じぶんなんだよ

Ahアー ひかり午後ごごいままでのぼくてられたら
Ahアー なにかをはじめるのに おそすぎるなんてないから